HOME | お店のご案内 | 珈琲&軽食メニュー | 珈琲をさらに美味しく | 厳選豆お届けします | たぶの木の日記

 ペーパードリップ式の美味しい抽出法

◆ろし紙の折り方
・ロシの側面を折り、次に底の部分を側面と逆の方向の折ります。 ・側面や底の角を指でならし、ドリッパーにフィットする形にして底の角を立てるようにおります。
・ロシを指でドリッパーに押し付けて密着させるように置き、コーヒーの粉をいれ、側面を軽くたたいて表面を平らにして粉をなじませる。


◆抽出のポイント
 ・適温の湯を使う:
適温(82〜83度)のお湯が重要です。温度が高すぎても低すぎてもコーヒーのうま味が十分に抽出できません。
 
・空気が混じらないように注ぐ:均一の太さで透きとおった注ぎ口、なるべく湯を細く(直径2〜3ミリ)出すこと。湯に空気が混じりすぎると充分な蒸らし効果が期待できません。
 
・「の」の字を描くように注ぐ:中心部から外側へ「の」の字を描くように注ぎます。但し、あまり線まで注がないように注意してください。


◆一回目の注湯
・上記の「抽出のポイント」に注意しながら一回目の注湯をします。細くゆっくり注ぎ、全体に染み渡ったところで止めます。(目安は、サーバーに数滴落ちる程度の量)


◆二回目以降の注湯
・一回目の注湯でコーヒーの表面がお饅頭のようにふくらみます。20〜30秒蒸らした後、2回目の注湯をします。ドリッパー上のお湯が落ちきる前に次の注湯をして下さい。(注湯の際に、粉の縁を上げ過ぎない様に注意して下さい。

・以上の動作を予定の抽出量になるまで繰り返してください。


◆加熱
・サーバーのコーヒーが予定の抽出量の達したら、ドリッパーをはずします。サーバーの外側の水気を拭いて、お好みの温度に加熱して下さい。(ただし沸騰させないこと) サーバーを火から降ろし、カップにいれてお召し上がり下さい。


 美味しく抽出するためのポイント
・煎りたての新鮮なコーヒーをお買い求め下さい。(コーヒーは生き物、生鮮食品と同じように考えてください。煎りたてほど香りも高く、風味豊かです。)
・たぶの木のコーヒー豆は、全てハンドピックで欠点豆を取り除いております。コーヒーは欠点豆がハンドピックされたコーヒーをお買い求めください。
・お買い求めより(焙煎してから)10日から2週間以内くらいに使い切るようにお薦めいたします。
・ご購入された豆は、冷暗所に保管してください。


 豆にあった分量
・基本的な分量です。慣れてきたらお好みの分量に調整してください。
・分量はコーノ・メジャースプーン使用の場合(1杯=約10g)

◆中煎り、中深煎り
 ・1杯分 = 1杯(約10g)
 ・2杯分 = 1.8杯(約18g)
 ・3杯分 = 2.5杯(約25g)

◆浅煎り
 ・1杯分 = 1杯(約10g)
 ・2杯分 = 1.5杯(約15g)
 ・3杯分 = 2杯(約20g)

◆深煎り
 ・1杯分 = 1.2杯(約12g)
 ・2杯分 = 2杯(約20g)
 ・3杯分 = 2.7杯(約27g)


珈琲自家焙煎店 たぶの木
 〒950-2125新潟県新潟市中野小屋356
 TEL&FAX:025-263-1693 E-mail:masaki0@plum.ocn.ne.jp